野らぼー、うどんへのこだわり【2】

神田のうどん居酒屋でちょい飲み

こんにちは!
野らぼ- 錦町本店のPR担当です。

春の訪れが待ち遠しい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

今回のブログでは、前回に引き続きうどんへのこだわりをご紹介させて頂きたいと思います。

讃岐うどんで忘れてはならないだし

// 瀬戸内というすばらしい自然からの賜物 //

讃岐うどんといえば、強い麺のコシが特徴ですが、忘れてはならないものがあります。
それは”いりこ”のだしです。

だし作りで特に重要となる煮干しを讃岐では“イリコ”と言い、讃岐うどんの独特の旨みになっています。

このイリコを使うことにより、濃厚でうま味の強いダシが取ることが出来るのです。

野らぼーでは、香川県・伊吹島で生産される最高級の煮干し(いりこ)の中でも、厳選に厳選を重ね、納得のいくものだけを取り寄せて使用しております。

良質ないりこは、そのまま食べても十分に美味しいのがわかります。

讃岐のうどん文化は小麦・塩・醤油・そしてこの「伊吹のいりこ」があったからこそ、自然と生まれた文化なのです。

お召し上がりの際は、是非香り豊かで深いうま味を持つだしにも注目してみて下さいね。

次回は、うどんへのこだわり【3】「九州枕崎産 本削り」をご紹介させて頂きます。

≫うどん居酒屋野らぼーのお品書きはこちら≫

小川町・新御茶ノ水駅より徒歩1分の「野らぼ- 錦町本店」では、これからの歓送迎会シーズンにもぴったりなプランをご用意しております。

人数や日程がお決まりになりましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。